Procreate(プロクリエイト)用左手デバイス「YESWORD」

左手デバイスの仕組みと「YESWORD」のメリット・デメリット

Procreate(プロクリエイト)のために作られたショートカットキーパッド「YESWORD」がGREEN FUNDINGで予約販売中です。
※YESWORDはサードパーティ製品で、Procreateの公式製品ではありません。

🛒 Procreate(プロクリエイト)のために作られたキーパッド! 効率的にツールの切り替えが可能。プロから初心者まで簡単に使える【YESWORD】 | GREENFUNDING 

片手で快適にツールの切り替えができ、作業時間の短縮に繋がる左手デバイスです。一般的な左手デバイスよりもProcreateのショートカットキーに合わせている商品なのでProcreate用となっています。

超早割プランで6000円→4480円(送料・税込)25%オフなんですが、やや高めな気がします。

左手デバイスの仕組み

この左手デバイスの仕組みを簡単に説明すると…

Procreateにはショートカットキーがたくさん用意されています。iPadにキーボードを接続した状態で、Procreateを開き「⌘(Cmd)」を長押しするとショートカットキー一覧が表示されます。

例えばキーボードの「L」を押せば、レイヤーパネル、「⌘+B」を押すとカラーバランスの調整画面が表示されます。

左手デバイス「YESWORD」のカラーバランスボタンは、1つのボタンを押した時に「⌘+B」を押した信号をiPadに送っているという仕組みになっています。

「YESWORD」のメリット

  • 複数キーを押す必要がないシンプル操作

  • キーがアイコンになっているので視覚的にわかりやすい

  • 軽くてコンパクト(65g)

「YESWORD」のデメリット

  • 手元に届くのが3ヶ月先

  • 今後うまく動かなくなる可能性がある

配送予定が2021年10月になっているので、手元に届くのは少し先になります。

また秋に登場予定のiPadOS 15で、ショートカットの表示方法が変わります。それに伴ってProcreate側がショートカットキーを変更してきた場合…最悪この左手デバイスは使えなくなる(押したボタンと実行される動きが合わなくなる)可能性があることは知っておく必要があると思います。

自作キーボードが作れる人なら、オリジナル左手デバイスも簡単に作成できるので、興味のある人は調べてみてください。

同じお絵かきアプリのCLIP STUDIO PAINTなら自分でショートカットキーを設定できるため、市販のテンキーを左手デバイスに使用可能です。

🛒 iClever テンキー Bluetooth ブラック IC-KP08