Dec 17, 2021 • 20M

iPadで見やすいノートを取るためのコツ

iPadにはiPad向きの書き方がある

2
 
1.0×
0:00
-20:12
Open in playerListen on);
iPad活用のヒントになる情報をお届けするポッドキャスト番組
Episode details
Comments

iPad Workers Podcast第29回は「iPadで見やすいノートを取るためのコツ」というお話です。

ちょっとしたコツで、iPadのメモやノートを見やすく書けるようになります。

お知らせ:
📅 12月19日(日)21:30から「🎥 Obsidianノート講座(Zoom)」を開催します!

iPad活用のヒントになる情報をお届けする「🎧iPad Workers Podcast」

毎週、木曜日配信予定のポッドキャスト番組です。
リクエスト・感想などは #iPadWorkers のハッシュタグを付けてツイートお願いします。

ポッドキャストアプリへの登録方法などはこちら:🎧 iPad Workers Podcast


ペンの太さを0.1mm変えるだけでもかわる

ごりゅごさんは、ノートアプリのGoodNotes5を使って手書きメモを書いています。

「iPadで見やすい字を書くにはどうしたらいいのか?」ということを聞かれたので、2点アドバイスをしました。

  • ペンの太さを少し太くする

  • 書く文字を普段より少し大きめに書く

ペンの太さを変える

GoodNotes 5には3タイプのペンが用意されています。それぞれ0.1mm〜2.0mm(0.05刻み)の40段階で太さが選べます。

アナログでもデジタルでも、ペンの太さをすこし太めにすると、線のブレが目立ちにくくなります。

ごりゅごさんは元々0.4mmの太さで書いていましたが、0.5mmにしたところ「いい感じに書けるようになった」と言っています。

画数の多い漢字や、イラストなどは細いペンだと線のガタつきが目立ちます。

アドバイス後は0.5mmの太さに変更し、文字の大きさも気持ち大きめに書くようにしたところ、かなり見やすく書けるようになりました。

文字を大きめに書く

ごりゅごさんはGoodNotes 5に元から用意されている正方形の方眼テンプレートを使っています。 よく見てみると縦は2マス分あるんですが、横は1マス分くらいの大きさで文字を書いていました。

ひらがなやカタカナなら横1マス分でも問題ありませんが、画数の多い感じになってくるとやや窮屈そうな印象です。

横も1.5〜2マス分のサイズで書いてみるようにアドバイスしました。

ペンの太さを太くすることによっても、自然と空間をとるように書けるので(文字が潰れて読めなくなってしまうので)大きめの文字が書けるようになります。

個人差はあると思いますが、一般的にデジタルデバイス上で見やすい文字は、ゴシック体のような正方形のマスに収まる、ハネやはらい、線の強弱の少ない文字になります。

iPadで見やすいメモやノートを取りたいなら、手書きの文字もゴシック体を意識して書くようにするといいです。

文字が潰れないように、略字を使うのもあり

普段、私がメモをとるときに使っているテクニック的な話でいうと、もう一点「略字(くずし文字)」を使うというものもあります。

正式な文書に使ってはダメだけど、自分のメモや日記にはよく使っています。

略字を使うと、文字を小さく書いても字が潰れないので、読みやすくなります。また、文字を書くスピードも速くなります。

iPadにはiPad向きの書き方がある

アナログな紙とペンの場合、ある程度力を入れて書かないと濃くて太い線は書けません。

ですが、iPadのようなデジタルツールならば筆圧が弱くても濃くて太い線が簡単に書けます。

頭ではわかっていても、体がどうしてもついていかない(アナログの感覚が抜けない)ので、iPadでも文字や絵を書くときにグッと力を入れてしまいがちです。

でもこれってiPadで字や絵を書く上では、いらない力なんです。

自分の筆圧に対して少し意識を向けるだけで、今までよりも少ない力で文字や絵が書けるようになります。少ない力で済むということは、手への負担減にもなります。

いらない力が抜けることによって、ブレが抑えられ、結果的に読みやすい文字が書けるようになる場合もあります。

私も最初は、紙とペンの感覚のままiPadとApple Pencilを使っていたので、かなり力を入れて書いていましたが、「筆圧をかけなくても太い線が書ける」と意識することで、力を抜くことができるようになりました。

GoodNotes 5の万年筆や筆ペンには筆圧感度の設定項目があります。筆圧感度を下げることで、弱い力でも太い線が書けます。

ペンの設定を変更すると、弱い力でもよりくっきりはっきりと書けるようになります。

✏️ 筆記用具が全てiPadになってよかったこと

普段、基本設定のままペンツールを使っている人も、一度試しに違う太さや、違う種類のペンツールを使ってみるとデジタルノートテイキングの感覚が変わるかもしれません。

iPadで字を書くことが苦手と思っている人は、ペンの太さを少し太めのタイプにして、自分の筆圧を意識してみてください。

ということで今日は「iPadならではのデジタルノートテイキングのコツ」というお話でした。

☕️1on1 iPadTalk

iPad・iPadアプリについて気軽に相談できる「iPadTalk」よければ下記ボタンより予約してください。

「iPadTalk」は誰でも申込可能です。聞きたいことがある場合は申し込み時にコメント記入してください。

※相談内容(音声)はiPad Workers Proメンバー限定公開のエピソードで配信される場合があります。

📅 iPadTalkを予約する

🧚‍♀️ 質問・感想・リクエストなどはこちら