iPad Workers Newsletter
iPad Workers
#109:骨伝導イヤホンのSudio B1を試してみた
1×
0:00
-17:20

#109:骨伝導イヤホンのSudio B1を試してみた

使い道を選ぶが、骨伝導イヤホンは結構おすすめ

iPad Workers Podcast第109回は「骨伝導イヤホンのSudio B1」についてのお話です。

今回、Sudioからレビュー用に製品を提供いただきました。Sudio B1を使ってみた感想などをまとめます。

📢 お知らせ

🎧 iPad Workers Podcastは毎週、木曜日配信予定のポッドキャスト番組です。
リクエスト・感想などは #iPadWorkers のハッシュタグを付けてツイートお願いします。


AirPods Proを長時間つけていたら外耳炎になった

みなさんはイヤホンを長時間つけていると耳の中が痒くなることがありませんか?

数年前、AirPods Proの3Dオーディオ機能「空間オーディオ」が楽しくて、長時間使用していたら外耳炎になりました。(耳の中がかぶれて炎症を起こした)

🌍 AirPods Proの空間オーディオ機能がすごいので関連情報を色々調べてまとめた – ごりゅご.com

外耳炎になってからは、AirPods Proの長時間使用を控えています。そして、AirPods Proの替わりに使うようになったものが骨伝導イヤホンです。

Sudio B1

スウェーデン発のSudio(スーディオ)の骨伝導イヤホンを試してみました。Sudio公式サイトで全商品15%オフクーポン→「goryugo」(有効期限2023年10月31日まで)

🛒 Sudio B1 ホワイト | 骨伝導ネックバンド型ワイヤレスイヤホン(13,400円)

骨伝導イヤホンは、こめかみあたりに当たる部分が振動して、骨への振動から音が聞こえます。物理的に耳の穴を塞がないので、耳の中が蒸れるようなこともありません。

実際に付けるとこんな感じになります。メガネをかけていても特に干渉はありません。

これはネックバンド型の製品全部に言えることですが、髪の毛の長い人は、髪を括る位置によってはネックバンド部分が引っかかってしまうことがあるので注意が必要です。

音質や音量に関しては過去に使ったことのあるShokzの骨伝導イヤホンと遜色なく、非常にクリアに聞こえます。

1時間バランスボール運動時にSudio B1を付けて運動してみましたが、ずれたりする事なく快適に使用できました。

運動中は音楽ではなく、ポッドキャストを聞いていましたが、聞こえにくいこともなく普通に聞けました。ただ、マット運動など、頭を地面につけるような体制だとネックバンドがやや気になるかもしれません。

AirPods Proにも外音取り込み機能があり、外の音を聞きながら音楽を聴けますが、物理的に耳の穴を塞がない骨伝導イヤホンの方が快適なことも多いです。

特に、私のような耳の中がすぐ痒くなるような人にはおすすめのアイテムです。

Sudio B1のスペック

  • 製品タイプ:オープンイヤー型骨伝導イヤホン

  • ボタン:物理ボタン式

    • 電源オン/電源オフ/通話応答/通話終了/着信拒否/

    • 音楽再生/音楽一時停止/曲送り/曲戻し/音量調整

  • マイク:左右各2(計4)

  • 重さ:33g

  • 寸法:142×105×42mm

  • 防水性:IPX4

  • 通信方式:Bluetooth 5.2

  • 充電形式:マグネット式充電

  • 連続使用時間 :最大6時間

  • フル充電所要時間:120分

Sudio B1 は最大10台までのマルチペアリングに対応しているので、Mac・iPad・iPhoneと複数デバイスとのペアリング情報を記録できます。

左からOpenRun Pro、OpenComm、Sudio B1です。

Shokzのイヤホンに比べるとややバッテリー部分が大きく感じますが、色のせい(白は膨張色)もあるかも。でも目立つところにロゴとかが一切なくてオシャレ。

Sudio B1の重さは実測で33.4gでした。軽量モデルのOpenRun Proの重さは28.1g、OpenCommの重さは34.4gです。

OpenRun Proが23,880円、OpenCommが22,880円、Sudio B1が13,400円なので、Sudio B1が一番、手軽に手を出せる価格です。

製品自体の質感もよく、音質などにもそこまで差を感じられないので、今から骨伝導イヤホンを買うならSudio B1おすすめだと思います。

使い道を選ぶが、骨伝導おすすめ

たとえば、骨伝導イヤホンは周りの音がうるさい場所では使いづらいです。また、満員電車のような人との距離が近い場合も、小さいとはいえ音が聞こえてしまうので不向きです。(仕事場で隣のデスクにいる人には聞こえない程度)

会社や家の比較的静かな場所や、野外でも騒音のない場所では快適に使えます。

Sudio B1にはマイクも内蔵されているため、zoomなどの会議や電話にも使用できます。長時間使用していても、耳の中が蒸れたりしないので、痒くなることもありません。

使う場面を選ぶものの、個人的に骨伝導イヤホンはおすすめです。

🛒 Sudio B1 ホワイト | 骨伝導ネックバンド型ワイヤレスイヤホン(13,400円)

Sudio公式サイトで全商品15%オフクーポン→「goryugo」(有効期限2023年10月31日まで)

北欧スウェーデン生まれのオーディオテクノロジー企業、Sudioは30日間返品対応・Sudio Sphere登録で18ヶ月間製品保証。

ということで今日は「骨伝導イヤホンSudio B1」についてのお話でした。

0 Comments
iPad Workers Newsletter
iPad Workers
iPad活用のヒントになる情報をお届けするポッドキャスト番組 ■LISTENで文字起こしも見られます https://listen.style/p/ipadworkers