Feb 23, 2022 • 23M

ポストイットでフリーライティングをする

ノートが小さいことでスラスラ書ける

 
1×
0:00
-22:46
Open in playerListen on);
iPad活用のヒントになる情報をお届けするポッドキャスト番組
Episode details
Comments

iPad Workers Podcast第38回は「ポストイットでフリーライティングをする」というお話です。

最近、小さいノートに書くことに目覚めました。

お知らせ📢

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 2月25日(金)21:30〜👩‍💻 iPad Meetup 19 開催

■ 2月27日(日)21:00〜🎥 Obsidian講座 開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2/22発売の『デジタル超整理術』にインタビュー掲載されています。

我が家の仕事環境についてや、どういうものをスキャンしているかなどの話をしています。

ScanSnapをどんな風に活用しているのか?事例なんかもたくさん載っているので、参考になります。

🛒 デジタル超整理術

220223_IMG_2570

🎧 iPad Workers Podcastは毎週、木曜日配信予定のポッドキャスト番組です。
リクエスト・感想などは #iPadWorkers のハッシュタグを付けてツイートお願いします。

ポッドキャストアプリへの登録方法などはこちら:🎧 iPad Workers Podcast


ポストイットでフリーライティングをする

月に1度のペースで岩盤浴に行きます。

お風呂屋さんの性質上、館内にはデジタル機器を持ち込めません。なので岩盤浴の時だけは、アナログに付箋とペンを使っています。

使用しているのは、3MのMiniNote(100mm×69mm)というポストイットと、パイロットのVコーンです。※MiniNote自体は廃盤ぽくて、現行品だと「Mobile Memo(74mm×125mm)」が一番近い

岩盤浴15分→10分の休憩中に思いついたことや考えたことをポストイットに書くことを習慣にしているのですが、不思議とポストイットだとすらすら書けるんです。

「スラスラ書けるのはどうしてなのか?」をちょっと自分なりに考えてみました。

ポストイットだとスラスラ書ける理由

ポストイットだとスラスラ書ける理由、それはポストイットのサイズ感と剥がせる性質にありました。

ポストイットは1枚のサイズが小さいので、あまりたくさんのことは書けません。

「1ノートに1要素」というアトミックノートの原則が、サイズによる制約によって自然と出来てしまうのです。さらに少しの文章でもたくさん書けた感が味わえます。

🧩 メモの再利用性を高めたいならAtomicに分解する

♻️ アトミックノートを作ると自分の考えがまとまる

また、ポストイットは剥がして使う性質を持っています。書き終えたポストイットが見えなくなることで、自由な思考が可能になります。

前に書いていた内容が目に入らなくなるので、変なことを気にせず思いついたままを書ける所が、ポストイットだとスラスラ書ける理由でした。

頭に浮かんだことを、ブレーキなしで書ける。つまり私は、ポストイットだと自然と「フリーライティング」が出来ていることに気づきました。

手書きなので、矢印をつけたり、文字を囲むことも簡単にできます。

ごりゅごさんはフリーライティングをアウトライナーでやるようなのですが、手書き派の私はアウトライナーよりもポストイットに手書きで書くことの方が相性がよかったみたいです。

書いた後のアナログ付箋はどうやって管理するのか?それが次の問題です。

Post-itアプリで付箋をデータ化

ポストイットには公式アプリが存在します。

■ Post-it

この公式アプリを使うと、複数のポストイットを一気にデータ化可能です。机の上にポストイットを並べて撮影するだけで、1枚1枚のポストイットがデータ化されます。

さらにポストイットアプリにはOCR機能があります。完璧ではないものの、かなりいい線まで手書き文字を認識しています。

データ化されたポストイットは、個別に画像として保存できたり、PDFやPowerPoint形式に書き出しができます。

PowerPoint形式ファイルをKeynoteで開けば、ポストイットを自由に並び替えたり、ポストイット外に手書きもできます。

Keynote
Keynote

アナログのポストイットを撮影してデータ化する以外にも、アプリ上で直接手書きしてデジタル付箋の追加もできます。

このデジタル付箋機能を使って、最近はたくさんメモを作成しています。

Post-itアプリの特徴

  • 複数ポストイットの写真撮影でいっきにデータ化

  • ウィジェットにも対応

  • ポストイットの色、サイズは後から変更可能

  • Zip書き出しすれば、個々のポストイットがJPEG画像で書き出し可能

  • OCRも日本語の認識率やや低めだけどきいてる

  • 無限キャンバス(多分)

  • iCloud Driveにデータ保存、複数端末間でも同期可能

まとめ

最近、アナログでもデジタルでも付箋に書くことがブームになっています。

付箋に書いたメモを直接何かにするというよりも、そのメモを足がかりに思考をまとめたり、組み立てたりすることが多いです。

iPad WorkersではiPadで付箋ノートを作る(小さいメモを組み合わせる)方法などについても、たくさんまとめているのでよかったらこちらも見てもらえると嬉しいです。

🃏 ビジュアルシンカー向け!iPadを使ったKJ法(1/19)

🏷 GoodNotes5で付箋ノートの作り方(1/25)

🔲 付箋ノートをiPadでやるメリット(2/2)

🔲 iPadで付箋を使った情報整理(2/13)

📝 9マステンプレートで思考の組み立て(2/15)

付箋だからよかったというよりも、小さいノートに書けることが一番よかったのかもしれません。

道具やツールを変えてみると、ツールの力で意外と進められることもありそうです。

ということで今日は「iPadでも付箋を使うと意外といいんじゃないか」というお話でした。

✉️「返信」で感想が届きます

ニュースレターの内容について、面白かったり感想があったら、こちらのメールに返信することで私に届きます。

また、iPadに関するご質問やこんなアプリを取り上げてほしいなどのリクエストも受け付けています。

感想や質問のご返信には必ず目を通しております。

みなさんからのフィードバックが運営のエネルギーとなりますので、感想・リクエストなどお送りいただけるとうれしいです。

☕️1on1 iPadTalk

iPad・iPadアプリについて気軽に相談できる「iPadTalk」よければ下記ボタンより予約してください。

「iPadTalk」は誰でも申込可能です。聞きたいことがある場合は申し込み時にコメント記入してください。

※相談内容(音声)はiPad Workers Proメンバー限定公開のエピソードで配信される場合があります。

📅 iPadTalkを予約する

🧚‍♀️ 質問・感想・リクエストなどはこちら