Mar 17 • 22M

#84:GoodNotes 5でCSVから暗記カード作成

ChatGPTを組み合わせると学習セットが簡単に作成できる

 
1×
0:00
-22:27
Open in playerListen on);

Appears in this episode

はるな👠iPad Worker
goryugo
iPad活用のヒントになる情報をお届けするポッドキャスト番組 ■LISTENで文字起こしも見られます https://listen.style/p/ipadworkers
Episode details
Comments

iPad Workers Podcast第84回は「GoodNotes 5の暗記カードデッキ」についてのお話です。

📢 お知らせ

🎧 iPad Workers Podcastは毎週、木曜日配信予定のポッドキャスト番組です。
リクエスト・感想などは #iPadWorkers のハッシュタグを付けてツイートお願いします。


3大ノートアプリがどれも似てきている

GoodNotes 5、Notability、Noteshelf、3つのノートアプリは、どれも人気のあるノートアプリです。

🦕 3大ノートアプリはもう古い?

2021年4月に出した『📘iPad Workers ノートアプリとApple Pencilの活用(Kindle Unlimited対象)』から2年が経ち、それぞれアプリのアップデートにより機能も増えました。

2年前には明確にあったアプリの特徴が、今は3つのノートアプリがどれも似たり寄ったりになってきているのです。

唯一、GoodNotes 5にのみNotabilityやNoteshelfにはない「暗記カード(フラッシュカード)機能」があります。

GoodNotes 5でCSVから暗記カード作成

GoodNotes 5には暗記カードの作成機能があります。カードの表に質問、裏に答えを書き、パラパラめくりながら学習できる機能です。

自分で暗記カードを作る場合は、+から「学習セット」をタップして作成します。

他にも、CSVファイルを読み込んで暗記カードの学習セット(デッキ)作成が可能です。

Split ViewでCSVファイルをGoodNotes 5へドラッグ&ドロップすると、学習セットとして読み込まれます。

この方法ならGoodNotes 5でいちいち暗記カードを作成しなくても、簡単に学習セット(デッキ)追加ができます。

暗記専用のアプリもありますが、普段からGoodNotes 5を使用している人なら、同じアプリの中で学習できた方が便利なことも多いはずです。ノートや教科書などから必要な部分だけを暗記カードとして使用もできます。

間隔学習機能(Spaced Repetition)も組み込まれているため、必要なタイミングで学習を促してくれます。

右上の通知を開くと、学習が必要な学習セットが一覧で表示され、学習が終わるとチェックマークが入ります。

ChatGPTで暗記カード用のデータを作る

普段、私は暗記カード機能を使っていないので、サンプルデータをどうやって作るか悩みました。

このサンプルデータ作成は定期的に発生する作業ですが、意外と時間がかかるんです。今回は有能なアシスタント「ChatGPT」君に頼んで作成してもらいます。

ものの数秒で、必要なサンプルデータを作成してくれました。

データの種類を指定すれば、その内容に合わせてCSVファイルを作ってくれます。

ChatGPTを使えば、サンプルデータ作成に限らず「自分が学習したい内容をいい感じに学習できる学習セット」の作成も簡単そうです。

GoodNotes 5で暗記カードを使っている人、または興味を持った人はChatGPTとの組み合わせも試してみて欲しいです。

暗記カードの本質は「自分で質問を考えて、その答えを書く」ところにあるので、必ずしも自動作成が最適ではないと思いますが、作成してもらった学習デッキをベースに自分なりの改良を加えていくといいのではないでしょうか。

ということで今日は「GoodNotes 5 の暗記カードシステム」についてのお話でした。

☕️1on1 iPadTalk

iPad・iPadアプリについて気軽に相談できる「iPadTalk」よければ下記ボタンより予約してください。

「iPadTalk」は誰でも申込可能です。聞きたいことがある場合は申し込み時にコメント記入してください。

📅 iPadTalkを予約する

📮 お便りフォーム(質問・感想・リクエストなどはこちら)